TOP2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
「いったい、何食べたの?」

以前出てきました「おっぱいマッサージのゴッドハンド」の助産師さんですが
おっぱいが詰まって、乳腺炎になりかけの方が、たすけを求めるように来られたのに、
ちょうど、同室にいた事があります。

その患者さんにまっさきに聞かれた事が、「いったい、何食べたの?」でした。
「ケーキに牛乳」など、脂質の多い食品ばかり。。

「だから何時も言ってるでしょ!和食よ!お芋よ!」さらに、
「この腐れおっぱい!」と言って かなりの叱咤でした。

妊娠中にあれほど注意したにも関わらず、実際にはそういった食品が
あふれているので、よほど、自分できちんと管理していかないと、
ついつい、口にしてしまうんでしょうね!

それに、いまだに、お見舞いとして、カステラだのお団子だのが良いと思って、
持ってこられる方も多いです。
果物までなら、まだセーフですが、果糖も以外にとりすぎてしまいます。
思ったより、カロリーも、ありますので注意が必要ですね。
スポンサーサイト

カテゴリ:未分類
母乳のためには、和食中心

残念ながら、母乳の出をよくする食品として
証明されているものはないそうです。
ただ、母乳のためには、和食中心にした方が良いのは間違いないようです。

甘いものや脂質の取りすぎは、乳腺炎の原因にもなりますので、
なるべく控えるようにしましょう。

また、母乳を出している分、水分が失われるので、非常に喉が渇きます。
水分補給、特に水が一番いいのですが、忘れずこまめにとっていきましょう。

おいしいおっぱいがでると、あかちゃんは機嫌よく飲んでくれます。
あんまり美味しくないと、乳首を噛んで抗議すると言う説もあります。

生まれ持ってのグルメなんでしょうか?!

あまり気にしすぎてもいけませんが、できる範囲で健康的な食生活を、
心がけていきましょう。

カテゴリ:未分類
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。